お知らせ ビープラウド、機械学習・データ分析の問題をオンライン学習サービスPyQにて提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月

13

西畑一馬のレスポンシブWebデザイン入門講座

HTMLとCSSの知識がある方を対象に、「レスポンシブwebデザイン」について学んでいただきます。

主催 : ロクナナワークショップ

ハッシュタグ :#レスポンシブ
募集内容

イベントの説明

概要

最近のWebサイト制作ではPC環境のみではなくスマホやタブレットといったマルチデバイス環境に対応することが非常に求められており、そこで注目されているのが「レスポンシブWebデザイン」です。
レスポンシブWebデザインではデバイスごとにHTMLやCSSを切り替えるのではなく画面サイズ毎に様々なデバイスに対応が可能になっています。

本講座では、HTMLとCSSの知識がある方を対象に、「レスポンシブWebデザイン」について学んでいただきます。

制作環境の構築からviewprtなどのスマートフォン/タブレットの対応方法、CSS3やJavaScriptライブラリを利用したマルチデバイスに対応したサイト構築、低回線向けのパフォーマンス・チューニングなど、今のWeb制作に必要な内容を学ぶことができます。

※ Android端末、iPhone/iPadなどスマートフォンをお持ちの方は、ご確認用にご持参されることをおすすめします。

修了目標

本講座の受講修了時に、以下のスキル習得を目指します。

  • スマートフォン・タブレットなどのマルチデバイスに対応したサイト構築
  • CSS3/HTML5を利用した最新のWebサイト構築テクニック
  • 表示速度・パフォーマンスを意識したサイト構築

カリキュラム

1. レスポンシブWebデザインの基本

  • レスポンシブWebデザインとは?
  • 対応OSの選定と検証方法
  • viewportとCSS解像度の関係
  • スマートフォンで利用できるmeta要素
  • Media Queries(メディアクエリー)
  • Fluid Image(フルードイメージ)
  • Flexible Layout(フレキシブルレイアウト)

2. CSSテクニック

  • displayプロパティによる位置表示の調整
  • before/after疑似要素を使った装飾
  • gradientプロパティによる装飾

3. JavaScriptテクニック

  • レスポンシブに対応したモーダルウィンドウ
  • カルーセルUIの導入
  • ナビゲーションUIの導入
  • PC状態を見るUIの導入
  • レスポンシブテーブル

4. パフォーマンスチューニング

  • 画像の最適化
  • リクエストの最適化
  • ファイルサイズの最適化
  • サーバー設定の最適化

*カリキュラムの進度および内容は、受講者全員の理解度・習得度によって変更される場合があります。

使用アプリケーション

Google Chrome 、 Atom

講師

西畑一馬

定員

6名(各種申込みサイト合計)

対象

  • XHTML、CSSを理解して書けるマークアップエンジニア、ウェブデザイナー
  • CSSで段組レイアウトができる方
  • 千貫りこのHTML/CSS中級講座 」の履修相当の理解がある方。 本ページ下の 受講対象レベルチェック問題 を理解できる方。

料金

29,800円(税込み)

会場

東京・原宿 ロクナナワークショップ

募集締切後のお申込み、お問合せ

ロクナナワークショップ内講座概要ページ からは開催前日までお申込みいただけます。

受講規約など

受講希望の方は受講規約およびよくある質問のページを閲覧していただき、ご了承の後にお申し込みください。

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

グループ

終了

2017/07/13(木)

11:00
18:00

募集期間
2017/05/31(水) 19:00 〜
2017/07/05(水) 00:00

会場

ロクナナワークショップ原宿教室

東京都渋谷区神宮前1-1-12(原宿ニュースカイハイツ 204)

ロクナナワークショップ原宿教室